つつじで花びら遊び

2020年7月17日

2AAD8C3A-50C4-45D2-81F7-9260A7C9D10A-thumbnail2.jpg家のつつじが今年は凄く綺麗に咲いたので、花びら染めをしてみました。

服に着いたらもしかしたら色がついてしまうかもしれませんので、濃い色の服を着て楽しんでみてくださいね。

 

材料

つつじの花びら

布(ガーゼ、サラシなど)

牛乳

媒染(ミョウバン・酢・重曹など)

 

 

作り方

 

とても簡単!!

花びらを摘んで水を入れて潰すだけ。

58C2C679-92A4-469C-BEDD-FD97A488848A-thumbnail2.jpg

はじめはなかなか色が出なくて、朝顔とかみたいにうまく出来ないかなーって思っていましたが・・・

根気よく潰すように遊んでいると・・・

2AAD8C3A-50C4-45D2-81F7-9260A7C9D10A-thumbnail2.jpg

だいぶ濃い水になってきました。

 

袋に入れて潰す方法もあるけど、直接指と指で潰すと触感や匂いなどもわかってたのしいですよ。

 

おっと。その前に、

ガーゼやサラシをそのままつけてもきっと色はつくと思いますが、小4の兄さんが本で草木染めするにははじめにタンパク質を含ませないと色素が布につかない・・・と難しいことをいっていたので、兄さんの言う通りに布を牛乳に浸して、絞って乾かしておきました。

くっさい!!けど、しょうがない。

 

乾いても牛乳の匂いはしますが、そのまま色水に入れて・・・

E6E0FDC7-AED7-4D0D-AB0D-43E45A6A757D-thumbnail2.jpg

ピンク!すごい綺麗でテンション上がりました。

 

そのあと、媒染と言ってしっかり色をつけるのですが、いろいろな種類の媒染があります。

ミョウバンだったり、酢だったり、重曹だったり。

どの媒染が綺麗になるかなーと思って、3種類用意していれてみたら・・・!!

4855029E-EEF9-4C1F-AC7C-F99DFCD17876-thumbnail2.jpg

全部透明だったのに、それぞれ媒染液の色が変わってしまいました。

酢が1番綺麗でした。

入れた瞬間液の色が変わるので、3人驚いていました。

 

と言うことは、初めから酢を入れたらいいのかなっということで、色遊びはおわり。

 

布を染めた後、あまってる色水にスポイトで染液(ミョウバンを水にといた液と、重曹を水で溶いた水、酢を水でうすめた水)を入れて、色が変わるのを楽しんでいました。

 

今回は3種類用意したので酢を初めから入れませんでしたが、布を色水に入れる時に酢を少し入れたら染めることができると思います!!

染液に入れて、水洗いして薄くなってしまったらもう一度色水に入れてをしてみてください。濃くなると思います。

次は絞ったりして、ハンカチを作ろうと思いますー♪

 

変な薬を使うこともないので、色水遊びの延長で、花びら染めもしてみたら楽しいと思います☆

我が家は、三兄弟で、年少・一年生・四年生と三つずつ歳がはなれているのですが、出来るだけ3人が楽しめるようにしています。

今回は花びらはみんなで集めるけど、責任者は年少の1番下の子、潰すのは3つ用意してそれぞれ。でも、根気よくはなかなか年少さんは難しいので一年生の真ん中っ子が責任者。

最後にみんなの色水をあわせて、染めて色遊びをして・・・最後スポイトで科学の実験のように楽しむのは1番上の子。

というような感じで楽しみました。

 

花は、落ちてしまっている花でも大丈夫だと思いますので、公園などで拾って、是非家で楽しんでみてくださいね

 

ゆーな

この記事は2020年7月に作成しました
情報提供:ゆーな
WEB作成:てんこ