ペットボトルで浮沈子

2013年12月15日

完成写真

材料

  • 炭酸の肩が丸いペットボトル
  • 6mmのステンレスのナット
  • ソース入れ
  • ビーズ
  • ピッグ

1.jpg

  • グルーガン
  • ハサミ
  • コップ
  • 押しピン
  • マスキングテープ
  • あれば針金

作り方

 


1、ソース入れの中にビーズを3分の1位入れる。

2、ソース入れのキャップ側か底側のどちらかを下にして、重しになるナットをグルーガンでつける3.jpg
接着面からはみだしたグルーが固まる前に、ビーズをつけてデコ
この時、ソース入れの蓋はしっかりと閉め、蓋もグルーで固定すると良い。

3、ハサミ(?)でピッグを1ミリ残して切り、ソース入れの上にしたい方(ナットの反対側)にグルーガンで、付ける。2.jpg

4.jpgグルーが固まる前にビーズでデコる。

4、ソース入れのナットを取り付けた方の上から2~3mm辺りに穴を空ける。131023_110815.jpg
この時、穴をソース入れの角には空けない様に注意。
ソース入れを回転させたい時は少し角に近めに空ける。


5、水の入ったコップの中にソース入れを押さえながら入れ、ソース入れの中に水を入れる。5.jpg
6.jpgピッグの頭が水から出るか出ないか位で浮く様に、水の量を調整する。


6、ペットボトルに水を入れ、ペットボトルの中にボルトの付いた方を下にして、ソース入れを入れる。
蓋を締めてペットボトルを押すと、ソース入れが下がり、力を緩めるとソース入れが上がれば成功。

もし、下がらなくなったり、上がって来なくなった時は、針金で小さいお玉の様な物を作って取り出すか、ペットボトルの水を出してソース入れを取り出し、ソース入れの中の水を調整する。

7、マスキングテープでペットボトルをデコれば完成。
この記事は2013年11月に作成しました
記事作成:まゆみん
WEB作成:さぼてん