子育て交流ひろばくるる担当 割方 遥花さん

2019年7月16日

 

 

 

Q1.ニックネームと出身地を教えてください。

A.はるちゃんと呼ばれています。
出身地は、広島市安佐北区です。

05..jpg
Q2.好きな食べ物、好きなことは?(趣味・リフレッシュ方法など 

A.好きな食べ物は広島風お好み焼きです。

自分でも作り、我が家はチーズを入れます。
あとは、お菓子作り、DIY、畑。
畑の雑草を食べてくれるヤギの世話。

 


 
Q3.ご自身はどんな子どもでしたか? 

A.小さい頃は人見知りで自分に自信がなかったです。

スポーツ(バドミントン)を始めて、体力的にも性格的にも強くなりました。

 

 

 

Q4.お仕事の内容を教えてください。 

A.「被災地出張型子育て交流ひろばくるる」を天応地区、安浦地区で開催しています。
防災講座やお母さんのリフレッシュになるイベントなども考えています。

 

 とりおんぷ.gif
Q5.いつからこのお仕事をされていますか? 

A.2019年2月末からです。

 

 

 
Q6.お仕事の中でうれしかったこと、大変なことはありますか? 

A.私自身も3歳の子どもの子育て中なので、近い年齢の子ども達と触れ合えたり、同じ子育て中のお母さん達と話せることは嬉しいです。住んでいる安浦地区だけではなく、天応地区の親子さん達にも出会えて、さらにボランティアさんとのつながりができたことがうれしいです。

 

 

 

04..jpg

 

Q7.どのように子育て交流広場くるるを利用して欲しいですか? 

A.子育てのこと、地域のことや防災についても一緒に考えながらひろばの雰囲気を作っていけたらと思います。
出入り自由なので、お子様の生活リズムに合わせて自由に気軽に利用していただきです。

 

             マトリョーシカ01.gif

Q8.パパ・ママにメッセージをお願いします。 

A.かけがえのない子育て期間を、ぜひ共有させてください。
分かち合い、助けあいながら、楽しく子育てしましょう。

 

                                 

 

取材者の感想

安佐北区出身の割方さんは8・20土砂災害を経験して人の優しさを身を以て感じ、母親になって経験した2019年7月の豪雨災害では、子を持つ親として何かできないか?と考えたそうです。

そして「たけちまる」を立ち上げ安浦地区の子どもの遊びの時間や被災された家庭への物資支援をされていました。お話を聞いているとパワフルですが、優しい雰囲気も併せ持っています。

子育て中のママなので、気軽にお話できると思うので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。(くっきー)

 

この記事は2019年7月に作成しました

記事作成:くっきー

写真:もこさん

WEB作成:くっきー

素材提供:わんパグ