支援ワーカー 岡本 夏紀 さん

2018年10月17日

 

 

Q1.ニックネームと出身地を教えてください。

A.

職場では「岡本さん」

利用者さんには「なっちゃん」や「おかちゃん」と呼んでほしいです。


鹿児島県霧島市出身。

 

01.jpg
Q2.好きな食べ物、好きなことは?(趣味・リフレッシュ方法など 

A.

お寿司

頑張った後のご褒美で食べに行きます。

赤西貝やいかなどこりこりしたのが好きです。

・映画鑑賞

邦画とディズニーが好き。最近見たなかでのオススメは、「未来のミライ」と「リメンバー・ミー」です。

・フラダンス

親が10年以上やっているのを見て、ずっとやりたかったんです。

習い始めたばかりです。

 

 
Q3.ご自身はどんな子どもでしたか? 

A.

 恥ずかしがりや、新しいもの好き

小さい頃は姉のマネをよくしていました。

色々な事をやってみたくて、部活はバレーや弓道などをしていました。

 illust130_thumb.gif
Q4.お仕事の内容を教えてください。 

A.

ひろばを安全に利用してもらえるように見守りや、

転勤で引っ越してきたばかりでママ友が欲しいという方が多いので近所のママと繋げたり、

ひろばに貼ってあるパステルの地図を見ながら、他の詳しいママさんも巻き込みながら話をしたり、

ママさん同士を繋げることをワーカーの間で意識してやっています。

離乳食などの悩みの相談を受けたときは、講座の紹介もしています。

あとは、つどいの記事の作成もします。

 

 03.jpg
Q5.いつからこのお仕事をされていますか? 

A.

2017年の7月からひろひろ・ば、9月からくれくれ・ばです。

 
Q6.お仕事の中でうれしかったこと、大変なことはありますか? 

A.

利用者さんが「こんにちは~」と続けてひろばに来てくれることです。

前に紹介した利用者さん同士が連絡先を交換して、一緒に来てくれたりすることも。

 

illust544_thumb.gif

Q7.どのようにファミリー・サポートを利用して欲しいですか? 

A.

子どもさんと一緒にゆったり楽しく過ごしてほしい。

自然に子育ての話ができるように、ママたちが繋がってほしい。

一人でなく、みんなの子育てになるといいなと思います。

 02.jpg
Q8.パパ・ママにメッセージをお願いします。 

A.

一人でも大丈夫!気軽に来てほしいです。

みなさんが過ごしやすいひろばを一緒につくっていきましょう!

 

illust775_thumb.gif

 

取材者の感想

 

くれくれ・ばのお母さんたちを繋ぎ、お母さんたちと行政を繋いでくれる岡本さん。

初めてくれ・ばに来られた方や、引っ越してきたばかりで、周りに知り合いのいない方にも、1度だけでなく、また来てもらえるようにと丁寧に対応してくださるそうで、安心して来てくださいとのこと。

私も初めて行った時に、優しく対応してくれたワーカーさんのこと、今でも覚えています。岡本さんたちのおかげで、お母さんの居場所って作られていくんだなぁと感じました。(かっちゃん)

 

利用者のママさんや赤ちゃんの名前も岡本さんをはじめ、ワーカーの皆さんみんなで協力しながら覚えているそうです。

お話を聞きながら、こんなに利用者さんを想って、色んな工夫をしているんだなぁと感じました。

私の子どもはもう対象年齢ではないけれど、くれくれ・ばに行きたくなっちゃいました!

ぜひ、気軽に遊びに出かけてみてください♪(もこ)

 

 

 

 

この記事は2018年9月に作成しました

記事:もこ 写真:くっきー

WEB作成:くっきー

素材提供:わんパグ