カフェときどきこども食堂 かしの木

2018年8月1日

 

label2.jpg
最近全国的によく耳にする「こども食堂」。
広島県でも県をあげて広めようとしています。
呉市でも初の「こども食堂」が昨年オープンしました。
今回はわが子たちと実際に体験取材に行かせていただきました。

   

 

 

 

公益財団法人
ひろしまこども夢財団

 

リンク

イクちゃんこども食堂ネットワーク
https://kodomoshokudou.wixsite.com/ikuchan

 

★是非読んでほしい!★

こども食堂って何?・こども食堂は何のために開催されているの??
https://kodomoshokudou.wixsite.com/ikuchan/faq

こども食堂一覧
https://kodomoshokudou.wixsite.com/ikuchan/blank-6 

 

 

 

■カフェときどきこども食堂 かしの木 (2018.5.23)

 

 

 

17時半

5月23日(水)
普段の営業を終えて、第2・4水曜日の17時半より「こども食堂 かしの木」はオープンします。

17時半、事前予約の子どもたちが集まってきました。
受付で夜ご飯代を払います。
小学生まで 200円
中高生 300円
同伴の保護者 400円

 
     
 
スタッフさんと高校生ボランティアの皆さんが笑顔で出迎えます。
この日は「メッセージカードを作ろう!」をテーマにお家の人に向けたメッセージカードを作りました。
テーマは製作や読み聞かせなど当日のお楽しみ。
毎回高校生がこどもたちを思って考えてきます。

その頃、キッチンからはいい匂いが。
キッチン係の高校生も大忙しです。

4.jpg
 
     

 

 

 

 

 

18時


家の人へのプレゼントも出来たのでそろそろ夜ごはん。
落とさないように配膳も気を付けて自分で行います。
小さい子はスタッフも手伝います。

今日のメニューはオムチャーハン(中身はチャーハン)、肉じゃが、サラダ、みそ汁。
野菜たっぷりです!

8.jpg

みんなで「いただきまーす」
高校生スタッフも一緒に食べます。
あまりにざわざわしていると「食事中は大きな声は出しません」と注意が。
食事のマナーを守って楽しく美味しい時間にしてほしいとスタッフさんの思いが伝わります。
なかなか箸が進まない子にも高校生スタッフが優しく声掛け。
不思議とがんばれます!


「ごちそうさま」を済ませ、片づけるとお迎えまでゆっくり過ごします。


11.jpg 12.jpgお絵かき
 
     

 

 

 

19時

お家の人がお迎えに来ました。
作ったメッセージをすぐ渡す子、夕飯のメニューを教える子など楽しい時間を過ごせたようです。
次回の予約をして帰ることもできます。

13.jpg 14.jpg 15.jpg
 

 

 

いろいろ教えて!!

かしの木スタッフ 松村さんに聞きました

 

Q.子ども食堂をしようと思ったきっかけ、理由はなんでしょうか?

A.子ども食堂はここ数年で広島県内に増えましたが、それぞれの食堂で設置する目的や理念、運営形態が違います。
かしの木では食育を通して子どもたちがマナーを学ぶ場にしたいと考えています。利用して下さる方の入り口は広めに開けておきたいと思っています。
そしてかしの木では、独自の運営をしています。 お昼間のカフェ、そして朝・夕方の子ども食堂、一日を通じて地域の方がネットワークを作る場として、またこちらを利用してもらうことで地域の方々への恩返しができる場を目指して運営しています。

Q.登録者、利用者は何人ぐらいいますか?
A.60人ほどいます。利用は1回15人ほどに限定しています。

Q.1年経ちましたが、当初と比べ変わりましたか?
A.最初から来てくれている子も多く、子どもたちと関係性が出来てきたように思います。
「静かにしてね」と言っても時間がかかっていたのが、今ではすぐ静かにしてくれるようになりました。

Q.食事を提供するにあたって、気を付けている事や、意識していることはありますか?
A.子どもが好きなメニューを取り入れながら、野菜も多く取れるように考えています。
見た目も美味しそうで、切り方も食べやすい大きさにしています。
今回のメニューも一見オムライスなのですが、ケチャップが苦手な子もいて、野菜の取りやすいチャーハンにしています。

Q.参加者を子どもに限定した理由は?
A.教育的な意味があります。家とは違った色々な人が集まる中で食事をすることは大切です。親御さんと離れることで
自分で食事のマナーを覚えながら、集まった子達とも楽しく食事をする場にしています。

Q.最近朝ごはんの提供もスタートした背景は?
A.当施設は、グループホームとショートステイも運営しているため、利用者が朝食をとっていました。

それならば子ども達も寄れる日を作ってみようかと。成長期の子どもにとって朝ごはんは大事ですし、しっかり食べて学校で頑張ってほしいと思いまして。

 


ここがいいところ

おうちの人にインタビュー

初めは緊張していたようですが、今ではお友達のお家に行くような感じですっかり馴染んでます。とても楽しいようです。 
食堂に行っている間、主人とゆっくりさせてもらってます。子どもたちも楽しいみたいだし、お互いが助かってます。

 

 

基本情報
夜ごはん
第2・4水曜日の17時半より
前々日までに要予約。

会員カードを作成(無料)
事前来店が難しければ当日来店・カード作成でも大丈夫。

定員は15名
(※初回は大人参加も要相談、基本は小学生以上は一人で参加)

店までの送迎は保護者の責任の元お願いします。

対象は中高生まで

 

16.jpg

クリックで拡大します

 

朝ごはん


毎週火・木曜 7時~8時まで
予約なし
対象は小学生のみ(会員カード登録者のみ)

 

 

 

取材者の感想

美味しいご飯、たくさんいただきました!
最初恥ずかしがっていた娘7歳でしたが、工作好きな子ですから、優しくスタッフさんや高校生ボランティアさんに声かけていただき、最後は名残おしそうに帰っていましたよ!
子ども食堂の活動など、広く地域に恩返しをしたいと言うスタッフさんの言葉、うれしく聞きました。
色々な方たちが集まる場、これからも親子で楽しく利用させてもらおうと思います!(マッキー)

 

アットホームは雰囲気で娘もとても楽しく過ごせたようです。家では完食することはほぼないので、美味しいメニューと雰囲気のお蔭だと思います。
高校生のお兄ちゃんやお姉ちゃんがいることでより楽しそうですし、お互いがいい影響を受けるって、いいですね。かしの木さんがオープンして地域が明るくなった気がします。(ゆうくんママ)

 

 

 

この記事は2018年6月に作成しました
写真:マッキー、ゆうくんママ
記事:マッキー、ゆうくんママ
WEB:さぼてん