出前講座WSでバルーンアート

2017年11月20日
surprise08.jpg2017年10月6日、くれくれ・ば研修室で「地域子育て支援出前講座WS」がありました。

これは地域で活動している団体が活動の役に立てるようにと、いろんなWSの中から学ぶ機会を作って下さってるものです。
サークル登録している団体はこのような機会があるって、ありがたいですね。

1.jpg

パステルはイベントの際に親子向けに活用できるものにしたいね!とバルーンアートにしました。
先生は小田愛子先生。

2.jpg

3.jpg  animal06.jpg

あいさつしながら、華麗な手さばきであっという間にハートの風船や犬を作ってくれて一緒にいたMちゃんも興味津々!
風船って見るだけで大人も子どももワクワクしますね♪

4.jpg  5.jpg

「今日はとにかくたくさん風船に触れて、自分たちでやってみましょう!」と空気を入れるのですが、均等に空気を入れるのってなかなか難しい・・・。空気を入れ過ぎても固くてねじりにくい…
ねじる時も先生は簡単そうにねじりますが、実際やってみると割れそうでドキドキします。
時に割れてもお互い様、笑。

「先の方は少し残していて空気をそこに逃がすような感覚でねじるといいんよ。子育ても同じ!力が入り過ぎてもうまくいかんよ。抜くくらいの気持ちが一番」

コミュニケーションが大事なんよ!とおしゃべりしながら楽しみながら、みんなでバルーン作り。
だんだん扱い方のコツがつかんで形になってきました。

 

6.jpg 7.jpg  kuma46.jpg

 

バルーンって奥が深いんです!

 

膨らませたり、ひねったり、結構手の力や動きが必要なんですが「ねじり・ひねり」って今の生活にあまり無くなっている動作なんですよね。

 

昔はドアノブや蛇口もひねっていましたが今では「押す」という力のいらない動作が多い・・・不器用な子、あまり考えることをしない子が多くなっていると最近聞きますが、いろいろ便利になりすぎて経験する場が減ってるからなのかな。そんな今だからこそ、いろんな経験を親子でしていきたいですね。子どもだけでなく親も一緒にやってみるって大事だと思います♪

 

そういった子育て座談会的なお話も愛子先生に聞けて、収穫多いWSでした!
8.jpg 9.jpg surprise13.jpg

 

そして、嬉しいことに愛子先生が10月26日開催のくれパステルハロウインパーティにゲストで来てくださいました!!
WSで持ってきてくださっていたかわいい風船もパーティの為に膨らまさず取っておき、私たちもとっても楽しい時間をすごしました♪

当日の様子はこちら↓
(ゆうくんママ)
surprise30.jpgsurprise30.jpgsurprise30.jpg

感想

不器用な私がうまくバルーンできるかな?と不安でしたが、何回かやっていくうちにバルーンの扱いに慣れて、お花を作れるようになりました!
普段使わない手の筋肉を使って、いい指の運動になります。また、作れた!という達成感が子どもの心を育てるそうです。
子どもが喜ぶので、バルーンアートは家でもやってみようと思いました!(さっちん)

子どもたちが大好きバルーンアートを自分で作れるなんて嬉しかったです。最初、空気の入れ具合が難しかったですが、何度も作るうちに可愛く作ることができるようになってきて、面白くて何個も作ってしまいました。
バルーンの他にも、先生からの子育てアドバイスを聞いたり、本当に楽しい時間でした。(かっちゃん)
この記事は2017年11月に作成しました。 
記事:ゆうくんママ
 写真:さっちん
WEB:かっちゃん