くれ中央地区まちづくり委員会

2017年9月20日
くれ中央地区まちづくり委員会さんのワークショップ「親子でレザークラフト」に行ってきました。
呉市内中心部18の自治会によって組織されているのがくれ中央地区まちづくり委員会さんです。
子どもたちから高齢の方まで安心して生活できる環境やまちづくりを目指しながら、5つの部会に分かれて活動しています。
今回の催しは、青少年育成部さん主体。
今日は、少し大きい子対象のレザーをつかった制作でしたが、親子向けにいろいろな催しをしています。
前回は子育て支援課の是貞課長さんによる、はじめての子育て座談会でした。

DSCN2919.jpg 1.jpg DSCN2918.jpg
10時半から開始だったのに間違えて1番乗りしてしまったにも関わらず、快く中で待たせてくれました。

今日の流れ(2017.7.17)

10:00

始まる前に、まちづくり委員さんの打ち合わせ。事前の準備もしっかりされていたようです☆
受付したら、あらかじめ決まっている席に移動。
 

DSCN2888.jpg

10:30~

気さくで、優しい雰囲気のスタッフのみなさんが各テーブルにいてくれてサポートしてくださいました。
参加人数は、親子で20組。
たくさんの方が参加されていました。会場はいっぱいです。
あっという間に募集いっぱいになってしまったようです。
今回はスタッフの方は9人でした。

DSCN2890.jpg

始まりのお話



 

 

先生が革の説明をしてくれて、それからテーブルをまわりながら丁寧に縫い方を説明してくれました。
目打ちをしてくれている革をなみ縫いで縫っていきます。
我が子も、表から~裏から~と、根気よくがんばっていました。
たまに表、表と縫ってしまうこともありましたが針も太いし、布と違い革で分厚いので母が直してなんとか2辺を縫い終わりました。
布より縫いやすそうでした。
きんちゃくのひもを通す穴をあけます。かわった道具・とんかち、さて、どっちにする?
スタンプも自分で好きなのをえらびます。

DSCN2897.jpg

 

DSCN2898.jpg

大きいこどもたちは自分で縫ってます☆

 
表に返して、次は紐を通す穴開け。
ハンマーとポンチでコンコン穴を開けるか、ロータリーポンチでぐっと挟んであけるか迷った挙句、トンカチを選んでいました。
確かにこういうの大好き小学1年生、ハンマー持ってポンチ持ってなかなか力を込めて叩けず・・・。
母がポンチを持つことにしましたが指を叩かれそうでこわかったです。 
でも、一緒に何かを作るって最近していなかったので、とても楽しかったです。 
DSCN2903.jpg

12:00

 
上の口の部分を飾り縫いして、
革紐とチャームを選んで通して、最後にハンコを押して完成。
DSCN2905.jpg
いろいろなハンコがあり、女の子たちはたくさんデコっていました。
素敵な作品がたくさんできました♪
袋の形はみんなおなじでも、革紐と縫い糸、ハンコが違うだけで個性豊かな作品ができていましたよ。
 
 

DSCN2889.jpg

たくさんのハンコ

DSCN2910.jpg

お母さんが、上のお子さんの作業を見てあげている間、赤ちゃんを抱っこしてくれているスタッフさん。

12:30 自分の作品を持って、集合写真♪ DSCN2912.jpg

DSCN2907.jpg DSCN2908.jpg

DSCN2909.jpg DSCN2911.jpg

参加されていた方にインタビューしてみました(o^^o)

 

・こんな素敵なものが作れるとはおもっていなかったのでびっくりです。来てよかったです。 

・子どもが楽しそうに作っていてよかったです。 

・子どもが自分で作っている姿がみられてよかった。 

・楽しかった!!(小学生女子) 


 

民生委員さんや先輩ママさんがスタッフとしてお手伝いされているので、相談がてら参加したくなりました。
中央地区に住んでないからダメかな?と思いがちですが、今回のワークショップは市政だよりにも載っていました。
問い合わせしてみたらどこに住んでいる方でもOKとのことでしたので、是非参加してみてください。


いろいろ教えて!!

DSCN2916.jpg DSCN2917.jpg
今回お話をお伺いしたのは、青少年育成部会の松居さん。オリジナルТシャツが素敵です☆

いろいろ教えていただきました。

Q.まちづくり委員会さんの会の目的は?どんなことをしているの? 

A.呉市内中心部18の自治会によって組織されている委員会です。子どもたちから高齢の方まで安心して生活できる環境やまちづくりを目指しながら、5つの部会に分かれて活動しています。その中の青少年育成部会は、親子での活動やイベントなどを行っています。

Q.どれくらいの頻度で活動されていますか? 

A.まちづくり委員会は、毎月第2木曜日に開催されています。自治会長・民生委員さん達が出席されています。  

Q.青少年育成部では何人くらいの方が活動されているの? 

A.青少年育成部は、現在15名です(自治会長さん、民生委員さん、元PTAの役員さんで活動しています)。

Q.どんなイベントをしているのですか? 

A.大きなイベントでは、8月くれ中央夏祭りのキッズコーナー・12月親子でクリスマス会・2月親子で楽しむ絵本会の3つです。小さいイベントでは親子で工作や昨年は日赤さんの乳幼児救急法を子育てママ向けに企画をしたりしていました。毎年開催しているイベントもずいぶん定着してきました。 

Q.活動場所は? 

A.ここ中央集会所です。 

Q.中央集会所に駐車場はありますか? 

A.建物の隣にあります。4台ほど停められます。 


 子育て中のママに一言

 

地域には、頼りになる人がたくさんいます。

一人で考え込まないでどんどん頼ってください。


 

皆さんには、もっと地域に関わってもらいたいです。気軽にご参加くださいね。
お手伝い方々一緒に企画運営しませんか? 

集まる年齢層の幅が広いので、とても勉強になります。毎月一回第2木曜日の18時30分時から中央集会所に集まって話し合いをしているので、是非のぞいてみてください。(事前に中谷会長に要連絡)

 

12月24日(日)10時~「ピポパとクリスマス会」を、呉中央小学校体育館で行います。

2月には、絵本作家の「なかおまさとし」さんをお迎えして、「親子で楽しむ絵本会」を開催します。 

詳しくは日程が近くなったらくれ中央地区まちづくり委員会HPでご確認ください。 


呉中央地区まちづくり委員会    呉市中央3丁目3-17

取材者の感想 

●最近少しずつ『母さんになにか言われたくない』って、つんつんしはじめた長男と参加させてもらいました。
思い通りにできなく、くじけそうになりながらもがんばって作っていましたが、 手伝ったりついつい手を出してしまいがちで、いけないなぁと反省しました。
ちゃんと最後まで自分で作っている子もいたりして、
1年生になり手が離れたような気持ちでいたけれど、まだまだこれからも本人のやる気が出るような声掛けやサポートが必要なんだなと勉強になりました。
これって、小さい時も思ってた気がします。
まだまだ丁寧に、それぞれ性格が違う三兄弟を見守っていかないとな・・・と思いました。 これからも楽しみつつ勉強していきたいと思います。ありがとうございました。(ゆ~な)

 

●私は作品は作らず、写真を撮って回ったりしていたのですが、子ども連れのみなさんとても楽しそうに参加されていました。
「自分でやる!」と、時間がかかっても縫っている子どもさんの姿や、スタッフさんに小さな赤ちゃんを見てもらっているママ、和気あいあいと友達とおしゃべりしているママさんたち、それぞれリラックスしていい時間を過ごしているんだなぁ~素敵な企画だなぁと、取材していて思いました。
まちづくり委員会さんは他にもいろいろ企画してくださっているので、イベント情報流さなきゃ!!って思いました☆
各地域に、委員会さんはあるそうなので、自分の地域ではどんな委員会さんがあって何か関われることはないかな~?とちょっとリサーチしてみるといいですね☆(てんこ)
この記事は2017年9月に作成しました。
記事 : ゆ~な
WEB・写真: てんこ

地図

中央集会所