利用者支援専門員 八百城 悠子さん

2016年9月16日

 

 

Q1.ニックネームと出身地を教えてください。

A.ヤオさん ヤオちゃん やおきさーん(気軽に声かけてください)

呉市出身

 

やおき2
Q2.好きな食べ物、好きなことは?(趣味・リフレッシュ方法など 

A.

・呉冷麺

・手芸

 

ポーチやセンターのいすカバーも手作り!→

やおき4 やおき3
Q3.ご自身はどんな子どもでしたか? 

A.二人きょうだいの二番目で気の強い子だったと思います。

 

 illust130_thumb.gif
Q4.お仕事の内容を教えてください。 

A.利用者支援専門員をしています。

利用者支援専門員とは・・・少子化が進む中、これからは世代を超えて社会で子育てをしっかり支えていこうという考えのもと「子ども子育て支援制度」がスタートしました。子どもの育ちと子育てしやすい環境をつくっていくことを目指していますが、「利用者支援事業」もそのひとつで、地域の実情に応じた子ども・子育て支援を充実させていこうとしています。
私たちはその事業を推進していく「利用者支援専門員」として「くれくれ・ば」「ひろひろ・ば」に配置されました。
主な仕事は子育て支援ワーカーと連携して利用者の皆さんが、子育てに関する支援事業を円滑に利用できるよう相談に応じ個別のニーズを把握し情報提供やアドバイスを行っていきます。
また、必要に応じて地域に出向き主任児童委員さんの活動のお手伝いや子育てサークルの皆さんが活動しやすいように「出前講座・ワークショップ」を提供したり、企業と連携して子育て家庭への声かけの協力をお願いするなどの活動を行っています。

 

 
Q5.いつからこのお仕事をされていますか? 

A.平成17年8月~

 

 
Q6.お仕事の中でうれしかったこと、大変なことはありますか? 
A.名前を呼んでもらえた時、覚えてもらえたこと。(仕事を始めてからずっと、一番うれしいことです。いつでも声をかけてくださいね!)
地域で子育て支援活動をされるサークルさん、団体さんへ、活動に関して困っていることがあれば、連絡してくださいね。

 

 

illust544_thumb.gif

Q7.どのように子育て支援センターを利用して欲しいですか? 

A.地域で子育て支援活動をされるサークルさん、団体さんへ、活動に関して困っていることがあれば、連絡してくださいね。

 

 
Q8.パパ・ママにメッセージをお願いします。 

A.パパ、ママにとって身近な存在でいたいと思っています。どんなことでもお話したいので(子どものこと、ママ自身のことも)気軽に声をかけて下さいね!!

 

やおき1

 

取材者の感想

八百城さんはレクレの前の支援センターの頃から子育て中のママや子どもたちと関わってきていて、とっても安心、信頼できるスタッフさんです。
手芸が趣味とのことですが、「くれくれ・ば」の牛乳パックイスのカバーも縫ったりしていて、それがとっても上手で感動しました!!子どもの持ち物を手作りしたいけどうまくできるかな・・・なんて時には相談してみてはどうでしょうか(*^_^*)  (かっちゃん)

 

illust1686_thumb.gif

 

 

 

 

 

 

 

この記事は2016年8月に作成しました

記事作成:マッキー かっちゃん

WEB作成:ゆうくんママ

素材提供:わんパグ