ファミリー・サポートセンター・アドバイザー 三田村 瑠美子さん

2016年9月16日

 

 

Q1.ニックネームと出身地を教えてください。

A.

 ニックネームは、「るぅ。」

兵庫県神戸市出身。

 

るう1
Q2.好きな食べ物、好きなことは?(趣味・リフレッシュ方法など 

A.

お菓子が好きです。
お菓子売り場で、お菓子を見ること。お菓子メーカーによる傾向の違いを見るのが楽しい♪
ちなみに、大人のチロルチョコ(ウィスキーに合うとか?!)が今気になってます。

 

 
Q3.ご自身はどんな子どもでしたか? 

A.

 空想大好き。自分の世界に入り込むのが大好きな子どもでした。

例えば国語の教科書を見るのが好きで、「つりばしわたれ」のお話の写真の中に「入ろう~!」と思ったり。読み物の中の空想の世界に入っていく子でした。

 

 

 illust130_thumb.gif
Q4.お仕事の内容を教えてください。 

A.

 ファミリー・サポートセンター・アドバイザー。

まだ、仕事内容の全てはつかみきれていないので勉強中です!

 

 
Q5.いつからこのお仕事をされていますか? 

A.今年(2016年)の4月からです。

 

 
Q6.お仕事の中でうれしかったこと、大変なことはありますか? 
A.会員さん(提供会員・利用者会員)の方が、あたたかいな~、と感じることができたときです。
普段は、会員さんとお話しする機会はないのですが、お話しできたときに「あぁ~この人はこんな素敵な人なんだ!」って思ったときに、うれしい!会えてよかった!って、思います。

 

 

illust544_thumb.gif

Q7.どのように子育て支援センターを利用して欲しいですか? 

A.

ただ単に子どもを見てあげる、見てもらう渇いた関係ではなく、お互いに支えあえる関係づくりのために利用してほしいです。
子育てに煮詰まってしまったときはもちろんですが、普通のサポート制度を、気軽に利用してほしいです。
預かるほうも元気をもらっているので、気兼ねなく利用してくださいね。

 

 
Q8.パパ・ママにメッセージをお願いします。 

A.パパとママが子どものことを誰よりも理解できていると思います。子育てに正解はないと思うので自分を信じて大丈夫!


るう2

 

取材者の感想

 

illust1686_thumb.gif明るく元気に、ぽんぽんっとお話しされる「るぅ」さん。聞いている私も元気をもらいました~。お菓子の話や空想の話で盛り上がってとっても楽しかったです。お仕事にもとっても誠実に向き合って頑張ってくださっている感じが伝わってきました。

ファミサポって、どうにもならないときにお願いするんじゃなくって、「支えあえる関係つくり」のための利用と思っていいんですね。とっても身近な制度だったんだなと思いました。
(てんこ)

 

 

 

 

 

 

この記事は2016年8月に作成しました

記事作成:てんこ、さぼてん

WEB作成:ゆうくんママ

素材提供:わんパグ