~親子のフリースペース~Cache✼Cache(2016.3.24)

2016年6月16日
焼山の昭和市民センターで、月に3回ほど活動されているCache*Cacheさんへ5月にお引越ししてしまったなおちゃんとゆかちゃんとゆーなの3組で取材へ行ってきました。
まず、かわいい名前のサークルだなーと思ったのですが、代表の大谷さんにお話を伺ったら、フランス語でかくれんぼ、隠れ家という意味があるそうです。
お母さんたちがのんびりできる空間、隠れ家になってほしいなという、スタッフさん(ばぁば)達の想いがありました。
又、お母さんたちが何かやりたいことを出来る場所を作りたいということで、今回も利用者のお母さん(カシュカシュOG)によるフェイシャルエステ体験がありました。
他にも、やけやけファミリーミュージックと言うお母さん達が活動しているグループもあるそうです(o^^o)

どうして、焼山にサークルを立ち上げようと思ったのか…大谷さんにお話を伺いしました。
1.乳幼児を子育て中のお母さんの為のサークルが焼山にあったら昭和地区のママ達が便利である。
2.飲食もできたら時間を気にせずゆっくりできるのではないか。
3.ママ達が企画したイベント等を自由に発表できるスペースがあれば、子育てとは別の達成感や充実感を味わえるかもしれない。
 この3点が主な動機だった、とのことです。
取材中
立ち上げの際に3人のママがいて、パソコンが得意であったり、子どもの音楽教室の先生をされていたり、看護師をしていたりで皆さん活躍されていました。出産でみなさんそれぞれお仕事は辞めてしまっていました。
なので初期はチラシ他登録カードや名札等はパソコンママ、リトミックは先生ママ、健康面やもしもの事故(いまだ無事故)には看護師さんママがそれぞれ対応しています。
そして、ばぁば達は若いママの現状を大切にしながらの会場作りをして、今のCache*Cacheがあります。
3人のママ無しではCache*Cacheはできませんでした。
そして、以前くれくればにいた奥田さんの後押しもあったそうです。
とても嬉しそうにお話をされていて、人との繋がりや、ママのことをとても大切にされているなと思いました。
会場もとても雰囲気がよかったです。


今日の流れ(2016.3.24)

10:00~

ベビーカーや車などで、それぞれ「おはようございます~」と、のんびり集まってくる雰囲気。
この日は、たまたま昭和市民センターが比較的空いていて車も無事に停めることが出来ましたが、日によっては停めれないこともあるかもしれません。
受付をして、保険代100円を渡します。
今まで特に大きな怪我など無いとお話ししていましたが、保険があると安心ですよね☆
中は、くれくればを小さくした雰囲気。
スタッフのばあば達5人が暖かく見守ってくださいます。

カシュカシュ

 

ばあばと子どもたち

 

11:30~

この日は、、利用者のお母さん(カシュカシュOG)よるフェイシャルエステ体験がありました。
約8名のお母さん達がカフェコーナーに自由に集まり、実際の化粧品を使ってお肌のお手入れをしました。
お手入れをしながら、スキンケアのポイントやコツなどを教わりました。
その間、子どもたちはお友だちとおもちゃで遊んだり、ばぁばと遊んだりしていてとても楽しそうな様子♪
そんな子どもたちの様子を見ながらお母さん達は美容タイム♪
お肌のお手入れが終わるころには、皆さんのお顔はツルツル&ピカピカになっていました!

美肌体験

 



 

12:00

みんなでおもちゃのお片付けをして、ブルーシートを敷いてその上でピクニックみたいにみんなでお昼ご飯を食べます。
出入り自由だけど、みなさんお弁当を持ってきて、牛乳パックのブロックを机代わりにしてみんな和気あいあいとしていました。
その後は、子ども達を遊ばせつつお母さんたちはカフェコーナーでコーヒーを飲んでおしゃべりしたり、一緒に遊びながらゆったりした時間を過ごしていました。


ランチタイムの全体様子

 

コーヒータイム

 

14:30


用事があったりして早く帰るお母さんもいらっしゃいましたが、ほとんどの方がこの時間までお子さんと過ごしていました。


なにしているのかな?

 

 

 

いろいろ教えて!!

代表の大谷さんにお話を伺いました。
大谷さん
 Q:サークルの目的は?
 A:お母さん達がホッとできる空間を、ふらっと立ち寄れる場所を作りたい。 お母さん達が何かやりたい、やってみようと思える場所を作りたいということで、子ども達を見守りつつお母さん同士の繋がりも大切にしたいとお話をされていました。
 Q:対象年齢は?
 A: 0~3歳だけど、夏休みなどはお兄ちゃんお姉ちゃんも大歓迎☆
 Q:会費は?
 A:保険代100円 (10:00~14:30の間は出入り自由)
 Q:駐車場は?
 A:昭和市民センター(日によってはいっぱいで停めれないこともあるかも)
 Q:毎回の人数は?
 A:12.3組。イベントによっては多かったり、インフルエンザなどで少なかったりすることも。
 Q:遠くからの参加される方もいらっしゃいますか?
 A:矢野からや、宮原、黒瀬からも。
 Q:怪我やトラブルの対応は?
 A:救急セット等の用意はあるけれど、怪我がないようにばぁば達やママが見守りながら遊んでいる。
 Q:パパの参加は?
 A:平日開催なので、あまりないけれど、おばあちゃん、おじいちゃん、誰でも来てください。
 Q:興味はあるけれど、ちょっと不安だな・・・というママ達に一言お願いします。
 A:ママがホッと一息つけるようにコーヒーも一杯100円☆少し育児を休憩しましょう☆ 話を聞いて欲しかったら、他のママやばぁば達がなんでもきいてくれますよ。


 

ここがいいところ

 

よく利用するお母さんにもインタビューしてみました(o^^o)
Q:お子さんの人数、年齢は?
A:2歳、0歳、1歳
Q:きっかけは?
A:お友達に誘われて
Q:オススメポイントは?
A:・ママがゆっくり出来るところ 
A:・ボランティアさんが見てくれるので安心
A:・お昼ご飯を食べれる
A:・安心しておしゃべりしながら遊ばせられる。
Q:カシュカシュを漢字一文字で表してみると?
A:繋・遊・楽・憩・癒・和・輪・集・歌

 
お母さん達のことを考えてくれているとても優しい代表の大谷さんと、ばぁば達が出迎えてくれて、のんびりした時間を過ごせるサークルでした。
英語で遊ぼう1 英語2 お昼の様子2 

取材者の感想 

ずっと気になっていながら、なかなか行く決心がつかなかったCache*Cacheさん。
2歳児の双子男児連れで、いつもてんやわんやの私ですが、とても楽しく過ごさせていただきました!
特に印象に残っているのは、昼食後のフリータイムです。
普段は一歩外に出ると子供達を目で追いかけ、他のママ達との会話も中断して子供の元へ行くことも多いのですが、同室でスタッフさんが子供を見てくれているので、コーヒーを飲みながら楽しくおしゃべりをさせていただきました。
イベントはCache*Cacheに来るママ達が主催することも多いらしく、スタッフさんとママ達の協力があって、この楽しい時間が生まれているんだと感じました!  (なおちゃん)
くうはく
子育て支援センター『くれくれ・ば』で、カシュカシュさんの可愛いチラシを見ては「どんなサークルかな?行ってみたいなー☆」と思っていました。
部屋に入るとスタッフさんの明るい声と素敵な笑顔で挨拶があり、2歳の娘はすぐにスタッフさんとおもちゃで遊び始めました。すんなりとなじんでいたので母親の私がビックリしました!
今回は子育て中の母さんが主催する【フェイシャルエステ体験】がありました。実際に化粧品を使って、お肌のお手入れの勉強をしました。
私は子供を産んでからスキンケアをほとんどしなくなりましたが他のお母さん達のキレイな素肌を見て、私も頑張ろうと思いました!  (ゆかちゃん)
    





この記事は2016年5月に作成しました。
記事 : ゆ~な
写真 : なおちゃん
WEB : ゆかちゃん

地図

焼山 昭和市民センター