絵本のある子育て楽しみませんか♪

2015年2月15日

illust1627_thumb.gif12月より、感じよう心と心をつなぐ絵本プロジェクトが始動し、私たちメンバー同士でも絵本の話をする機会が増えました。みなさんはどうですか?子どもと一緒に絵本に触れることが増えたかな?

でも、絵本がいいとか、読み聞かせは大事って聞くけど、それで何がどう大事なんだろう?子どもの成長に絵本が何か影響・関わりってあるのかな??

 いまやパソコンで絵本の読み聞かせをしてもらえる時代・・・。絵本がなくてもおもちゃで遊んでいるし~ってのも思っちゃわない?

そこで、こどもと絵本との関わり・絵本のよさなどについて、保育の現場で絵本を大切にしている地球っ子くらぶ・善隣館の保育者の方に幼児期の絵本と子どもの関わりについて聞いてみました♪

illust1639_thumb.gif

幼児と絵本の関わりについて知りたい!!

Q。デジタルではないアナログのよさって?人の肉声で聞くことのよさって何ですか?illust117_thumb.gif
A。 人間の子どもは、人の温もりの中ですくすくと育ってゆくように思いますよ。
大好きな人に抱かれて、あるいは一緒にお話したり、歌を歌ったり、絵本を読んでもらう、ということは、デジタルなメディアでは代行できにくいのではないでしょうか?
それは実はおとなにとっては短い時間しか味わえない幸せな時間かもしれません。
どんな俳優が語っている音声よりも、映像よりも、<私の>大好きなお母さん、お父さんに読んでもらうことを、一緒に歌ってもらうことを子どもは喜ぶでしょう。忙しい時間のほんの5分間は全てを止めてつきあってみませんか?そのキラキラした笑顔に感動すると思いますよ。 
 

Q。でも、けっこう同じようなことばばかりの絵本が好きだったり、同じ絵本ばかり持ってきたりします。思わず「他のは?」と聞いてしまったり・・・

A。 小さい子どもが好きな絵本は言葉の繰り返しが多い、単純な身近な話です。幼稚だなぁ、と思われても繰り返し読んでもらえることがその子にとっては「これが好きなんだねぇ」と自分を認めてもらい「お母さんもおぼえてしまったよ」という二人の時間を宝物にできるときなのではないでしょうか。

Q。物語の世界のお話が、子どもの成長に関わるのですか?絵本読んでいたら安心ですか?
A。 子どもにとって一番大切なのは自分の気持ちを総動員しての体験だと思います。それができない状況であれば別ですが、「絵本だけ読んでいれば大丈夫」とは、保育者として私は思いません。いっぱい楽しいこと、イヤなこと、悔しいこと、悲しいこと、面白いことを家族と、友達と体験することが肥やしです。その上でのことですが、

物語を読むことは、主人公と一緒に冒険をくぐっていけるのです。くぐりながら自分の体験で感じたこと、考えたこと、したことが自然と分かったり、整理されたりするのではないでしょうか。
これは、おとなの物語(小説)でも同じでしょう。一緒に泣いたり、勇気を得たり、共に安心して笑ったり。私は特に子どもにはくぐり抜けた上ではハッピーエンドであるべきだと思います。

Q。実生活の中の体験があってこそ、物語が活きてくるんですね。本を読んで共感したり、心を動かされるというのは大人も子どもも同じなんだなぁ。絵本はやっぱり必要って思ってもらえたら嬉しいな~。

A。 子どもにとっても、おとなにとっても読書は(字が読めなくても、絵を読んでいます)個人的な楽しみ必要かどうかはその人が決めることだと思いますが、そういう選択肢を持たない小さい子にはこの楽しみを紹介する意味で、おとなが一緒に読んでやる事が大事だと思いますよ(^_-)-☆
illust459_thumb.gif
Q。絵本を通じてさせてる遊びってどんな遊びがありますか?
子どもは遊びが仕事です。生まれた時から食べて、寝て、排泄して、遊びを通じて生きて大きくなります。遊びは自分がしたいことをするのが本領です。だから、子どもは全神経を張り巡らして、面白い事を身の回りから探して真似をします。真似なくして大きくなることはできません。生活での体験を遊びに取り入れ(ままごとや、おみせやさんごっこ、おにごっこなど)、生活や絵本、聞いたことの言葉の中から使えそうなものを取り入れてゆきます。
そういった中で、絵本で読んだことを子どもが自然と遊びの中に展開させていくことはありますが、「こうしたい(させたい)から、これを読む」といった直接的な目的のためには使うことを避けていますよ。絵本やお話を何かのために利用すると絵本の楽しみが減ってしまい絵本が嫌いになることにつながるかもしれません。絵本はあくまでも個人的な楽しみなんです。

Q。幼稚園で一緒に読むのは何か理由があるの?

A。 幼稚園でみんなで一緒に読み聞かせをするのは、子どもたちが「そうそう!」「それ知ってる」「こわいね~!」などと言って一緒に感じることができるからです。一緒に発見・共感をしているのです。 

取材者の感想

お話を聞いていて、そうそう、絵本を読んであげていた時期ってあっという間だったなぁと思いました。小学校1年生になると文字を覚えて自分で読みたがるので、2年になるともう絵本会には行っても、自分の家で親が読み聞かせっていうのはなくなったなぁ・・・。一緒に絵本を読んでいた時期って、既に大切な思い出になっています。
忙しくて、えぇ~今日も?!って思うこともあるし、また同じ絵本?って思うこともあるけど、それってすごく貴重な時間なんだなぁ。子どもとの「キラキラした時間☆」のためにちょこっと時間とって読んであげたいですね。
娘も絵本の言葉(や、せりふ)を真似して言うことがありました。絵本を読んだあと、子どもがそれを真似して遊んだり、セリフを言ったり、それって自然なことなんですね。つい、「いい絵本」を読んで「しつけ」にって思ったりもしたけど、絵本はあくまでも個人の「楽しみ」である、というお話がなるほどでした。

絵本って、知育のようなイメージもあって、こどもの成長のために読んであげなきゃ!みたいな世の中の風潮も・・・だけど絵本って楽しい時間を過ごすためにあるんだねって改めて思いました(#^.^#)なんだか絵本選びが気楽になりますね。(てんこ)

インタビュー協力: 地球っ子くらぶ善隣館

メンバーちょこっとアンケート! illust445_thumb.gif

みんな絵本とどう関わっているのかな?絵本の読み聞かせはどんな時しているのかな?

など、メンバー4人(あやちゃん・かっちゃん・ゆ~なちゃん・てんこ)にちょこっと聞いてみました☆彡

1)何歳くらいから絵本を読んであげた?

★0さいから。文字はぶーぶーとか、びりびりびりーとか、どこどこどこ~くらいしか書いてないけど。子どもが何かしら反応するのが楽しかった。

★0歳から。特に反応がなかったので、読むのやめようかな~と悩みながら読んでいました。

★0歳から。産まれてすぐに民政委員の方がすこやかセンターの保健師さんと来られた時に絵本を持ってきてくれるので、そこからスタートしました。

★0歳から。でも、1人目と2人目の差が酷すぎる・・・ちゃんとよんであげたいな・・・。

2)絵本をどのくらい読む?

★たぶん、1~3歳前くらいは気まぐれに読んだけど、3歳くらいからは、ほぼ毎日2、3冊読んだ。

★ほぼ毎日

3)いつどんな場面で読む?

★2歳くらいまでは昼間に私が機嫌がいいとき、3歳くらいからは、お出かけで暇かも~と思うときと、毎日は寝る前で、絵本は布団の中で読んでいた。あと、支援センターでもよく絵本を読んだ。

★子どもが読んで~と持ってきたときや、寝る前。子どもを落ち着かせたいとき。
★子どもが本でほしいと持ってきたとき。TVが見たいと言ってきたときに、まず「じゃあ絵本は?」と誘ってみる。

★寝る前に読んであげる…これまたお兄ちゃんに。下の子は、聞いてるけど最後まではもたない…。
寝る前、寝かせたいけど寝れなさそうなときに読んで追加でもう一冊(o^^o)

4)ママは絵本好き?

★大好き♪

★大好き!

★大好きです。

★好き(o^^o)私の母も好きで、毎月こどものともを買ってくれていました。

5)絵本を選ぶ基準は?

★私が面白いと思ったものか、子どもが自分で「これ」と選んだもの、と、毎月のこどものともの月刊絵本。
★私が好きな作家さんの絵本や、子どもが選んでもってきたもの。友達からオススメしてもらった絵本を読むことが多いです。自分が子どもの頃に出会った絵本は懐かしく、選んでいます。
★やっぱり最初は小さい頃に自分が大好きだった絵本を選んじゃいます。後は好きな作家さんのものや、ぱっと直感で。 

★どんだけいい本でも子どもが興味なければ自分から選んでくれないと思うので、わたしの基準はまず絵が綺麗なこと。小さいうちは絵をみて色や、動物などがわかるように話をしていました。あと、母も買ってくれていたこどものともは毎月買っています。 

illust426_thumb.gifアンケートに答えてくれたメンバーはみんな絵本大好き!だけあって、ほとんど毎日絵本を読み聞かせしているみたい。絵本があると子どもとの会話も増えていいですよね!!みなさんも、子どもと一緒に過ごす絵本の時間、大切に楽しんでくださいね♪
 くれパステルのHPでは、メンバー好きな絵本をブログで紹介していますよ(#^.^#)ぜひ見てみてね。 

images.png

i_wanpagubana1.gif イラストわんパグ

k_wanpug.gifこどもや赤ちゃんのイラストわんパグ

 

記事:てんこ・あやちゃん・ゆ~な・かっちゃん

WEB:てんこ
この記事は、2015年2月に作成されました。